由奈はたけしと学校の体育倉庫でエッチをしたことを思い出していた。

布団にくるまって学校の誰もいないあんな場所でエッチをしてしまった自分に興奮していた。

エッチの経験がなかったたけしはすぐに逝ってしまって、

私は、全く、気持ちよくなることができないでいた。

たけしのお兄ちゃんと部屋でエッチしたことを思い出して

たけしのお兄ちゃんの大きな肉棒が自分のヌレヌレのアソコに入っていくのが忘れられなかった。

由奈のカラダはたけしのお兄ちゃんのような大きくて硬くて太い欲しがっていたのだ。

声を出さないように、布団にくるまって、

自分のあそこをクチュクチュしてオナニーしてしまう由奈。

そして、たけしのお兄ちゃんに誘われた、由奈は、

その誘いに対して断るかと思いきや、むしろエッチなことがしたいと思っていた。

俺のムスコ舐めて

うん。やっぱりおっきいたけしくんのお兄ちゃんのあそこ

無理やり由奈は押し倒されて

うわー。由奈ちゃんすごい濡れているじゃん。気持ちよくしてあげるからな。

ダメ。私おかしくなっちゃう。

-5話に続く-

地味系女子の由奈ちゃんがどんどんエッチになるのがたまらないです。

たけしのお兄ちゃんはかなりドエスで、由奈ちゃんのM心をどんどんついていきます。

やっぱり地味な女の子ほど、エッチはどっぷりはまってしまいますよね。

現に、たけしのアソコでは物足りず、お兄ちゃんの太くて硬いアソコを求めるなんて。

もう、昔の地味系女子の面影はありません。

どんどんビッチになっていきます由奈ちゃんは。

たけしのお兄ちゃんにどんどんエッチなことをされて、由奈ちゃんはどんどんビッチになっていきます。

一人でオナニーしてしまうほど、カラダはたけしのお兄ちゃんの大きな肉棒を求めているんですね。

カラダは正直です。

読んでいるだけで、自分の息子もギンギンになることまちがいないです!!

おかずにもってこいの漫画です。

由奈ちゃんが、結構ロリなので、ロリ系の女の子を自分の欲求でおかしくしてしまう漫画が

読みたい人にはかなりオススメですし、抜けます。

ティッシュが足りなくなってしまいますよ。

描写も由奈ちゃんがものすごく感じているように描いてありますし、

まず、由奈ちゃんのカラダがエッチすぎてそれだけでもかなり抜けます。

由奈ちゃんはエッチという快楽地獄へどんどん落ちていき

快楽の虜になってしまう由奈ちゃんの今後に目が離せません。